コンビニの支払いはクレジットカードでスマートに

コンビニでクレジットカードを使うことは、しばらく前までは滅多にないことでしたが、現在ではコンビニでもクレジットカードが当たり前のように使われています。クレジットカードが使えないコンビニはごくわずかであり、カード払いが一般的という価値観に移行してきています。

頻繁にコンビニ行く人からすれば、クレジットカードが使えることはいいことです。つまり、飲み物1本程度のお金でもクレジットカードを使用して、代金を支払えるということです。1円2円という、ほんのちょっとのお金を財布の中から探す手数を考えれば、クレジットカード払いはとても重宝します。

便利なクレジットカード払いですが、カード払いができないものには気をつけましょう。コンビニに陳列されている品物を買いたいだけなら、クレジットカード払いで事足ります。現金でしか支払いができないものは、公共料金の払い込みや、ギフトカードのチャージをしてもらうときです。宅配便をコンビニから出す場合、クレジットカードで料金が支払えるところと、現金のみとなるところとがあります。

このようにコンビニでのクレジットカードの利用は、商品購入の時には1万円以下ならサインする必要もないので、急いでいる時などには役に立ちます。時間をかけずに決済を終わらせることができることが、クレジットカードのいいところです。処理が早いだけでなく、利用金額に応じたポイントをためることができることもクレジットカードのいいところです。

【リクルートカードの評判】ホントにお得なのかちょっと考えてみよう!

コメントを残す